湯元ホテルのお知らせ

宮崎康平先生ーその2-

本日は大変お天気が良く、暑すぎず寒すぎず、とても快適な日です。雲仙のツツジの芽も膨らみ始め、開花に向けての準備を始めました。(例年は5月の始め頃に開花します。)待ち遠しいです。

(その1より続く)

さて、もうひとつ宮崎先生は、何故私を「ソウシュンコザエモン」と呼ばれるのか、お尋ねしたことがございます。
先生は、私の名前が宗俊(むねとし)で、江戸時代の偉いお坊さんで、河内山宗俊(そうしゅん)という人と、 読み方は違うけれども、同じ名前であること。 湯元の代々の当主は名前の下に、小左衛門とつける慣習になっていることを、教えてくださいました。
そして、「そいけんか(だから)えろうならんばぞ(偉くなれよ)」と言われました。 私は宮崎先生が大好きでしたので、「ハイ」と元気よく返事をいたしました。
それから、高校を卒業するまで、「私の名前は、河内山宗俊と同じです。」と、 皆に胸を張って自己紹介しておりました。あるとき、自己紹介をしたあと、国語の先生が微妙な表情をされておられたので、何か変だぞと思い、後で調べてみますと、河内山宗俊は稀代の悪坊主ではありませんか!!!!
宮崎先生が生きておられたら、是非一言いいたいのですが、いくら私が悪戯ばかりしていたとはいえ、 ユーモアもほどほどにしてください、本当に赤面しました。
こんな楽しい宮崎先生が、湯元に来られるようになられたきっかけは、 先生が亡くなられた後に、母から聞きました。 きっかけを作りましたのは、父でございます。
父は、まったくと言っていいほど、商売に熱心ではない人でした。
囲碁と書道の有段者であり、おまけに釣りに尺八にゴルフと、他の家族が趣味を持たない中、 一人で趣味を引き受けておりました。
そのくせ、他人より目立つことが嫌いで、表彰などを受ける話があっても、すぐに辞退する人でした。
宮崎先生が失明以前に、事業家として活躍されていた頃、 父と先生は、余り親しくは無かったそうです。
(その3に続く)