湯元ホテルのお知らせ

「湯元ホテルのお知らせ」の記事一覧

雲仙岳 『山開き式』が開催されました。

天空の舞台に山の神降臨。

2018年4月8日日曜日
雲仙岳『山開き式』が、仁田峠で開催されました。
登山者の安全を祈願する山開きの神事が、普賢神社の前で厳かにおこなわれました。
今年も国立公園雲仙が、沢山の登山客で賑わいますように。

登山者の安全を祈願して

今年は、前日に雪が降ったので、平成新山の山肌に雪が残り、妙見岳の頂上では、霧氷も見る事が出来ました。

山桜が咲きはじめました。

山笑う
おしどりの池の山桜

雲仙の山々にも、ようやく春の訪れが。
山桜の花が少しづつ咲きはじめました。

4月8日(日曜日)は、仁田峠展望所で、雲仙岳「山開き式」が開催されます。
普賢神社の宮司様による、登山者の安全祈願の神事が執り行われます。

その後、雲仙美しくする会や、地元の方々による、仁田峠及び妙見神社周辺の清掃作業も実施されます。

 

雲仙岳災害記念館リニューアルオープン

雲仙岳災害記念館

2018年4月1日に雲仙岳災害記念館がリニューアルオープンしました。
小形無人機ドローンで撮った平成新山の映像を床に投影する【雲仙岳スカイウォーク】を新設。
普賢岳の模型に火砕流や土石流が動く映像を投影するプロジェクションマッピングの導入や、大型スクリーンを使った映像3種類の追加等、魅力がいっぱいです。

詳細は、雲仙岳災害記念館 www.udmh.or.jp/

 

【”楽” 2018 | Spring Vol.39 島原半島特集】に掲載されました。

【”楽” 2018 | Spring Vol.39 島原半島特集】に掲載されました。

島原半島に強い思いを抱く方々の特集に、当館の会長の事を掲載して頂きました。
島原の乱が終了した翌年1638年、遠州浜松より島原城の城主として赴任した高力摂津守忠房より命を受け、温泉山(雲仙)の復興を任されて380年。初代加藤善左衛門清輔より、代々、雲仙の自然を守り再生させる役目を担って参りました。

ホームページをリニューアルしました。

この度、雲仙湯守の宿 湯元ホテルのホームページをリニューアル致しました。
お客様に喜んで頂けますよう、様々な情報発信を行ってまいります。

今後とも、湯元ホテルを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。