湯元ホテルのお知らせ

いろはのはなしーその2-

ーその1-より続く
私は、お坊さんでも専門家でもないので、正確な訳はできませんが、大意は以下のようになると思っています。 「全ての目に見える事象は、条件によって変化を続けている。この世界にあるもので、永遠に不変なものなど何ひとつない。事象の変化に囚われて、一喜一憂する心を捨てて、真実を悟ると、迷いも無ければ苦しみも無い、心が平安になる世界に行きつくのである。その通りなのだ(=ん)。」
一説によれば、前ページで紹介した「いろは」歌は、涅槃経の「諸行無常 是正滅法 生滅滅己 寂滅為楽」を表すと、言われているそうです。また、この「いろは」歌は、平安時代に大流行したとも、言われています。
「いろは」歌の難しい話はここまでとして、どうせ素人なので、少し大胆な推定をすると、仏様(釈尊)はかなり冷静に自然観察をした結果、無常という概念を産みだしたのではないかと思っています。
雲仙に住んでいますと、自然に思いっきり囲まれておりますので、否応にも季節の移り変わりを、感じまた目にせざるを得ません。おまけにガラにも無く、雲仙地獄谷のボランティアガイドなどをしたものですから、余計に自然の移り変わりを見ることになりました。
例えば、ツツジひとつ例に取っても、春には可愛らしい花を咲かせ、一週間もすれば花が枯れてしまい、小さな白い粉状の種を風に飛ばし、また暑い夏を耐え、秋には小さな芽を育み、冬には芽と共に寒さに耐え、春になってまた花を咲かせるといった、自然の法則または条件によって、移り変わっていくのです。
この世界に存在する、全てのものは無常の世界から、けして離れることはできないのです。それは、自分の心の中を観ても同じではないでしょうか。心の中に、正しい考え方と、正しくない考え方とが、生まれては消え、消えては生まれしていませんでしょうか。
平安時代の無常観は、全てがいつかは滅んで終わるという、虚無的な考え方や生き方につながっていたと思います。しかしながら、さらに自然を観察し続けると、事象の終わりは、次の新しい事象の始まりとなっております。そして全ての事象は、条件に応じて、中立的に、生滅ではなく、変化を続けているのではないかと思われます。
人間は、ものごとを把握しやすくするために、始めや終わりを決めていますが、よく観察すれば、だだ変化の過程の一区切りではないでしょうか。
例えば、数百年生きた杉の木が、命を終え、倒れたとすれば、その杉を栄養分にして、細菌・黴・コケ類さらには小さな虫などが、活動をはじめます。その結果、杉は森の土へと還って往き、またこれを養分として、新しい植物が育っていきます。
命には繋がりがあり、終わりは始まりであり、始まりは終わりへと、絶え間なく連鎖を続けております。雲仙の美しい自然も、一瞬たりとも同じではなく、変化をし続けております。
自然界では、人為的にそのあり方がゆがめられない限り、必要でないものは無く、条件の変化に応じて、全てが調和して平等に、存在しています。
ちょっと自分を取り戻したいと感じたとき、雲仙に遊びにいらっしゃいませんか?箱庭的な雲仙の自然の中で、都会では見ることの出来ない、自然の営みが、何事かをあなたに語りかけてくれるのではないでしょうか。

雲仙岳災害記念館リニューアルオープン

雲仙岳災害記念館

2018年4月1日に雲仙岳災害記念館がリニューアルオープンしました。
小形無人機ドローンで撮った平成新山の映像を床に投影する【雲仙岳スカイウォーク】を新設。
普賢岳の模型に火砕流や土石流が動く映像を投影するプロジェクションマッピングの導入や、大型スクリーンを使った映像3種類の追加等、魅力がいっぱいです。

詳細は、雲仙岳災害記念館 www.udmh.or.jp/

 

いろはのはなしーその1-

昨日必死になって、以前のホームページに投稿していた文章を見つけ出すことができました。こんなに苦労するのであれば、もっとデーターをきちんと整理しておけば良かったと反省しきりです。でも、見つけ出せたのであるから、今回は良しとしよう。(ウンウンと自分だけ納得して頷く。)
さて、今日から暫くの間、以前のホームページに投稿していた文章を細切れにして、掲載していきます。(細切れにすればするほど楽出来る!)
十年以上前に書いた文章なので、ちょっと硬すぎるのですが、我慢してお付き合いください。
(以下本文)
”現代に活きる若い日本人は、小学校の国語の書き取りは、「あいうえお」から習っています。しかし、明治生まれの祖母に可愛がられたせいか、私は「いろは」を小学校の頃から、憶えさせられていました。
そして、後年「いろは」の意味の深さを知った時、大変な驚きを覚えました。何故なら、「いろは」は、仏教の基本的な考え方、または昔の日本人の無常観を、歌い込んだものであることが分かったからです。
私が、最初にこの歌を取り上げたのは、雲仙はその昔、真言密教修行の山であり、この歌の意味を知ることで、皆様の散策の面白さも倍増すると思ったからです。(皆様と書いたものの、これを読んでくださる、奇特なひとはいるのでしょうか?)
さて、ちょっと堅い話になりますが、後で楽しみが増えるということで、我慢してお付き合い下さい。
実は、(いろはのはなし)の1ページ目を作るために、4日もかかってしまいました。自分が生きているうちに、完成することが出来るかとても不安になってきました・・・・・・。
泣き言はともかく、本題に戻ると、「いろは」の全文は、「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす ん」です。
漢字を当てはめると「色は匂へど 散りぬるを 我が世誰そ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず ん」となります。(次回に続く)

【”楽” 2018 | Spring Vol.39 島原半島特集】に掲載されました。

【”楽” 2018 | Spring Vol.39 島原半島特集】に掲載されました。

島原半島に強い思いを抱く方々の特集に、当館の会長の事を掲載して頂きました。
島原の乱が終了した翌年1638年、遠州浜松より島原城の城主として赴任した高力摂津守忠房より命を受け、温泉山(雲仙)の復興を任されて380年。初代加藤善左衛門清輔より、代々、雲仙の自然を守り再生させる役目を担って参りました。

奮闘中です!

<昨日のご報告>
意気揚々と女将に「ブログをアップしました。見て下さい!」と報告したところ、女将はまた満面の笑顔で「湯元ホテルのお知らせには入ってますが、”よもやまばなし”のカテゴリーに入ってませんでしたよ。」とのことご回答でした(ここは満面の笑顔では無く、お気の毒さまの微笑みが欲しかった・・・・)。
”な、何なんだそのカテゴリー”と思い、先に渡された数枚のマニュアルを、良く良く読んでみれば、老眼の人は読み落としてしまいそうな小さな字で、必要ならばカテゴリーを入力してくださいと書いてあるではありませんか。
この”よもやまばなし”にとっては、カテゴリーの入力は絶対必要だったのに~~~!と一人で落ち込んでしまいましたが、心を切り替え大きく息を吸い、面倒くさいと思いながら、しぶしぶやり直しをして、やっと投稿が落ち着くべきところに落ち着きました!
では、何故ここまでカテゴリーにこだわるのか、不思議に思われるかもしれませんが、実はこれもユモリがこだわったせいなんです(どうせ私が悪いんです)。
普通ブログというものは、新しい投稿から表示されるそうですが、文章を小分けして投稿する場合には、古い順に並ばなければ意味が分からなくなると考え、特別に専門家にお願いをして、通常のブログとは反対の配置で、古い投稿順に並ぶ仕組みにしてもらいました。これでカテゴリー分けが必要な理由がお分かり頂けましたでしょうか。
え?何で文章を小分けにして投稿するのかとのご質問ですか。え?古い投稿文章を小分けで投稿することで、時間稼ぎをしているのではないかとのご質問ですか?
ご質問にお応えしたいのですが、お客様のご到着時間が迫って参りましたので今日はこれまでとさせて頂きます。また、前のホームページで掲載していた、”よもやまばなし”は次回から投稿します。現在、ユモリのコンピューターの何所かに保存されている筈の文章を捜索中で、明日までには必ず見つけて掲載します。掲載出来ると思います。掲載出来れば良いのですが・・・・・。(以上 続く)

ユモリの御挨拶

今日(平成30年3月31日)初めてブログに投稿します。投稿しながらも高齢者であるため、本当にこれでうまくホームページ上に表示されるのか大変不思議です。
投稿のやり方も、今朝数枚のマニュアルを渡されて、女将が満面の笑顔で「今日から投稿お願いします。」と言われて、文章を書き始めたものの、頭の中は「??????」状態です。
この「よもやまばなし」を投稿することになったきっかけは、元々リニューアル前のホームページで、「よもやまばなし」を掲載していたからです。
以前のホームページでは、投稿する度にネット管理の専門家に原稿をを送り、その都度料金を支払わなければならなかったため、オチャラけた内容はお金の無駄遣いになるので、投稿できないと言い張り、追加投稿を上手くさぼってきました。
しかし、世の中が進歩し(自分が勝手に世の中に遅れていただけ)、女将がネットの勉強をして、無料で投稿出来る方法(ブログ)を発見してしまったため、ユモリの平穏無事な生活も、今日で自動終了ということになりました。
今後の予定としましては、以前の投稿文書を改めてインプットし直して、その後新しい投稿に繋げて行きます。
これからは、心を入れ替えて、投稿を続けて参りますので、宜しくお願い致します。
『心の声』・・・定期的に投稿するのは無理です!オチャラけた内容が多くなります!

ホームページをリニューアルしました。

この度、雲仙湯守の宿 湯元ホテルのホームページをリニューアル致しました。
お客様に喜んで頂けますよう、様々な情報発信を行ってまいります。

今後とも、湯元ホテルを、どうぞ宜しくお願い申し上げます。